ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot(サイバーショット) Tシリーズ」で、水深3mで60分間の連続撮影が可能な防水モデル「Cyber-shot TX5」(DSC-TX5)を3月5日に発売する。カラーは、グリーン・ピンク・レッド・ブラック・シルバーの5色。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

Cyber-shot TX5(DSC-TX5)の使用イメージ

 最薄部16.7mm、本体サイズ幅約94.0×高さ約56.9×奥行き約17.7mmと、光学式手ブレ補正機能を備えた防水仕様のデジタルカメラとして、世界最小・最薄を実現した。重さは144g。

 JIS/IEC保護等級8(IPX8)相当の防水機能に加え、防塵・耐衝撃・耐低温機能も盛り込んだ。水深3mで60分間の撮影試験、1.5mからの落下衝撃試験、マイナス10度の低温下での動作試験をクリアしている。

Cyber-shot TX5(DSC-TX5/左から、グリーン・ピンク・レッド・ブラック・シルバー)

 高感度・低ノイズなどを実現する有効1020万画素の独自の裏面照射型1/2.4型CMOSセンサー「Exmor R」を採用。画像処理エンジン「BIONZ」、広角25mmから望遠100mmまで対応する光学4倍ズームレンズ、光学式手ブレ補正機能などを搭載する。液晶画面の大きさは3型ワイドで、指先でのタッチ操作に対応する。記録媒体は、メモリースティック デュオ/PROデュオ/PRO-HGデュオ、SD/SDHCメモリカード。