シネックスは、マウスやUSBハブ、チルマットなど、デザインテイストを統一した米・ターガス社のPC周辺機器7製品を2月下旬に発売する。価格はすべてオープン。

ターガス社の無線マウス「AMW51AP」

 マウスは3製品。無線式の「AMW51AP」は、分解能1200dpiの上位モデルで、実勢価格は4300円前後の見込み。無線式の「AMW50AP」は1000dpiで、実勢価格は3000円前後の見込み。いずれもレシーバを本体底部に収納できる。有線式で1000dpiの「AMU76AP」は、実勢価格が2300円前後の見込み。

チルマット「AWE55AP」(左)、ラップデスク「AWE56AP」

 ノートPC本体から熱を効率よく放熱するUSB電源ラップチルマット「AWE55AP」は、静音デュアルファンを2基備える。17型モデルまで使用可能。実勢価格は4000円前後の見込み。

 コンパクトラップデスク「AWE56AP」は、二つに折りたたんで持ち運びができる。17インチ液晶モデルまで使用でき、マウス設置トレイが付属する。実勢価格は3000円前後の見込み。

 このほか、小型の4ポートUSBハブ「ACH111AP」は、実勢価格が2000円前後、15m離れて操作できるプレゼンテーションコントローラー「AMP18AP」は、3300円前後の見込み。