エプソンは、全色に顔料インクを採用し、ファクス機能や無線LANに対応したインクジェット複合機「PX-602F」を2月25日から発売する。価格はオープン。実勢価格は2万円台後半の見通し。

PX-602F

 発色がよく、保存性が高いエプソン独自の顔料インク「つよインク200X」を全色に採用。裏写りしにくく、普通紙でも鮮やかにプリントできる。画像処理回路「REALOID」と「高速MACHヘッド」を搭載することで、A4文書でカラーが9.5ipm(イメージ毎分)、モノクロは15ipmの印刷速度を実現した。

 ファクスは高速電送のスーパーG3規格に対応。PCで作成した文書を直接相手先のファクス機に送信できる。最大30枚までの原稿を一気に取り込めるオートドキュメントフィーダー(ADF)を搭載する。

 有線・無線LANを標準搭載。1台のプリンターを複数のPCでネットワーク共有することができる。無線LANはボタンを押すだけで設定・接続できる。サイズは幅461×奥行き346×高さ236mm。天面にドットパターンテクスチャーを付け、傷や指紋がつきにくいようにし、リビングやオフィスと調和するようなスタイリッシュなデザインに仕上げた。