パナソニックは、テレビと組み合わせて使うサラウンドシステムの3モデルを3月5日から順次発売する。ラインアップと価格は、ラック型でテレビのサイズが50-42V型向けの「SC-HTX700-K」が10万円前後、42-37V型向けの「SC-HTX500-K」が9万円前後。コントロールボックスと2本のスピーカーをセットにしたスピーカーシステム型「SC-ZT2-K」が15万円前後の見込み。

 ラック型の「SC-HTX700-K」「SC-HTX500-K」は、ドラマのセリフやスポーツ番組の解説などを聴きとりやすくする「明瞭ボイス」をさらに進化させ、人の声に加え、効果音をラック上方にまで拡大することで、映像と音声が一体化した臨場感溢れる空間をつくり出す。 

(上から)SC-HTX700-K、SC-HTX500-K

 同社のテレビ「VIERA」とつなげば、一つのリモコンで両方を操作できるリンク機能に対応する。映画やスポーツ番組など、見ている番組に合わせて自動的にサウンドモードが切り換わる「番組ぴったりサウンド」を装備。これと連動して、音量変化の比較的少ないドラマ、バラエティ、ニュースなどの番組視聴時に消費電力を自動で抑える「番組連動おまかせエコ」機能を備える。

 実用最大出力は、フロントスピーカーが62W+62W、サブウーファーが161W。光沢のある天板、ガラス製の扉を採用し、テレビと組み合わせることでリビングになじむデザインに仕上げた。サイズは「SC-HTX700」が幅1270×高さ444×奥行き420mm、「SC-HTX500」は幅1050×高さ444×奥行き420mm。 

SC-ZT2-K

 「SC-ZT2-K」は、スピーカー部分が分離したスピーカーシステム型。テレビやブルーレイディスク(BD)レコーダーからの音声信号をワイヤレスで2本のスピーカーへ伝送するので、部屋に置いたときに配線がじゃまにならない。

 持ち運びできるスリムなスピーカーに、幅24mmのスピーカーユニットを垂直方向に4基配置。下部から上部まで幅広く音声を放出するので、高音質なサウンドが楽しめる。2本のスピーカーで擬似的に7.1chを創り出す「バーチャル7.1chサラウンド」に対応。フルハイビジョン映像が臨場感たっぷりに視聴できる。

 実用最大出力は80W+80W。コントロールボックスのサイズは幅430×高さ59×奥行き262mm、重さは約2kg。スピーカー1本のサイズは幅290×高さ1231×奥行き290mm、重さは約3.9kg。なお、別売の専用サラウンドスピーカー「SB-ZT2-K」を増設すれば、バーチャル7.1chサラウンド」をよりリアルに体感できる。「SB-ZT2-K」の実勢価格は10万円前後の見込み。