パナソニックは2月10日、RGB(赤/青/緑)の各色専用のセンサーを搭載し、世界初の1080/60p記録ができるデジタルビデオカメラ「HDC-TM700」を、3月10日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は15万円前後の見込み。

HDC-TM700

 テレビ局などで使っている業務用ビデオカメラと同じRGB各色のMOSセンサーを採用。プリズムによって、映像をRGBの三原色に分け、専用の三つのセンサーで処理することで被写体の色彩をきめ細かく忠実に記録する。

 映像はフルHD対応。従来の1080/60iでの記録に比べ、情報量が2倍になる1080/60pで記録でき、スポーツ撮影など動きの速い被写体でもちらつきが少なく、くっきりとした映像を撮影できる。

 また、新開発の画像処理回路と大口径レンズの採用で、暗い場所でのノイズを大幅に低減し、色ノイズを従来モデルの5分の1まで減らした。

 撮像素子は、動画では有効759万画素。レンズの焦点距離は動画の場合は35mmフィルム換算で35-420mm。ズームは光学12倍、デジタル30、120倍。新開発の画像処理回路で高倍率でもハイビジョン画質を保つ「iAズーム」での倍率は18倍。

 外部記録メディアはSDXC、SDHC、SDメモリーカード。サイズは幅66×高さ69×奥行き138mm、バッテリーを含む重さは約440g。カラーはメタルブラック。