キヤノンは、約1800万画素の高精細CMOSセンサーを搭載し、常用ISO感度を6400まで広げたエントリー向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」を2月26日に発売する。

EOS Kiss X4・EF-S18-55 IS レンズキット

 約1800万画素のCMOSセンサーと高性能映像エンジン「DIGIC 4」によって、従来モデル「EOS Kiss X3」ではISO100~3200だった常用ISO感度をISO100~6400まで拡大した。さらに拡張設定で、ISO12800まで対応する。また、ISOオート時に、上限をISO400・800・1600・3200・6400から任意に設定できるようになった。

 新たに自社開発したCMOSセンサーは、22.3×14.9mmのAPS-Cサイズ。カメラの液晶画面を見ながら撮影するライブビュー撮影に対応し、ライブビュー表示のままAFができる「ライブモード(コントラストAF)」と、顔を検知してピントを合わせる「顔優先ライブモード」、ライブビューの表示を一瞬中断することですばやくピントを合わせる「クイックモード(位相差AF)」の3種類のAFモードを装備する。

 「EOS Kiss X3」から搭載している1920×1080画素のフルHD動画撮影機能を強化。従来の自動露出による撮影に加え、新たに絞り数値やシャッター速度、ISO感度を任意に設定して撮影できる「マニュアル露出」にも対応した。SD画質となるものの、通常撮影時の約7倍の望遠撮影ができる「動画クロップ」機能を備える。

 記録媒体は、SD/SDHC/SDXCメモリカード。本体サイズは幅128.8×高さ97.5×奥行き75.3mm、重さは本体のみで約475g。 

EOS Kiss X4・ダブルズームキット

 価格はオープン。実勢価格は、ボディ単体が9万円前後、ボディと標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」をセットにした「EOS Kiss X4・EF-S18-55 IS レンズキット」が10万円前後、広角から中望遠までカバーする高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS」をセットにした「EOS Kiss X4・EF-S18-135 IS レンズキット」、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」と望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」をセットにした「EOS Kiss X4・ダブルズームキット」がともに13万円前後の見込み。