ソニーは、デジタルフォトフレーム「S-Frame(エスフレーム)」の新製品6機種を3月5日に発売する。画面サイズはすべて7.0型で、広視野角の液晶パネルを搭載した「DPF-X75」やフレームの着せ替えに対応した「DPF-E73」など、特徴の異なるモデルをラインアップした。

S-Frame DPF-X75

 「DPF-X75」は、黒の深みを忠実に再現する「TruBlackディスプレイ」方式を採用し、斜めから見ても美しい、左右上下視野角160度の広視野角液晶パネルを搭載する。液晶画面の有効表示サイズは6.7型。カラーはブラックとシルバーの2色。

S-Frame DPF-E73

 「DPF-E73」は、ホワイト・パールピンク・ライムグリーンの3色のフレームが付属。自分やプレゼントする相手の好みに合わせて、フレームを付け替えることができる。有効表示サイズは6.4型。

S-Frame DPF-D75(WZ)とDPF-D75(BQ)

 「DPF-D75(WZ)」「DPF-D75(BQ)」は、フレーム部分をスワロフスキー社のクリスタライズで飾ったデザイン性の高いモデル。一般的なデコレーションに使用している裏面を平らにカットしたクリスタルと比べ、立体的にカットしたクリスタライズは光の輝きが強く、また、フロントパネルに掘った穴に埋め込んでいるので、剥がれにくい。さらに「DPF-D75(WZ)」は、見る角度によって色が変わるオーロラのクリスタライズを採用し、より美しく仕上げた。有効表示サイズはともに6.8型。カラーは「DPF-D75(WZ)」がホワイト、「DPF-D75(BQ)」はブラック。

 このほか、「DPF-E73」と同等の機能を搭載したシンプルなデザインの「DPF-A73」、「DPF-D75(WZ)」「DPF-D75(BQ)」と同機能で、「クリスタライズ」加工のない「DPF-D75」も同時に発売する。カラーは、「DPF-A73」がブラック、「DPF-D75」はブラックとホワイト。

 6機種共通の機能として、写真を鮮やかに映す「クリアフォト液晶」を採用。置き方を変えるだけで、表示方向を切り替える縦横位置感知センサーや、メモリースティック、SDメモリカードなどに対応するマルチカードスロットを搭載する。また、操作ボタンに押しやすいよう凹凸を施した、新型リモコンが付属する。

 価格はすべてオープン。実勢価格は、「DPF-X75」が2万円前後、「DPF-E73」「DPF-A73」が1万2000円前後、「DPF-D75(WZ)」が2万円前後、「DPF-D75(BQ)」が1万8000円前後、「DPF-D75」が1万5000円前後の見込み。