ソニーは、他社製テレビも操作できる「おまかせリモコン」を新たに採用し、最長10倍のフルハイビジョン録画ができるブルーレイディスク(BD)レコーダー4機種を発売する。価格はすべてオープン。

左から上段がBDZ-RX105、BDZ-RX55、下段がBDZ-RX35、BDZ-RS15

 実勢価格は、デジタル放送を2番組同時に録画できるダブルチューナーモデルで、HDD容量1TBの「BDZ-RX105」が16万円前後、500GBの「BDZ-RX55」が12万円前後、320GBの「BDZ-RX35」が10万円前後、HDD容量320Gのシングルチューナーモデル「BDZ-RS15」が8万5000円前後の見込み。発売日は、ダブルチューナーの3機種が3月6日、「BDZ-RS15」が2月27日。

 ソニーを含む14メーカーのテレビの電源・チャンネル・音量・入力切り替えの操作ができる「おまかせリモコン」を新たに採用。さらに主要7メーカーのテレビでは、数字キー操作によるチャンネル切り替えや番組表の表示、カーソル移動などの操作ができる。

 ダブルチューナーの3機種は、「スカパー!HD」の番組をハイビジョン画質で録画できる「スカパー!HD録画」や、録画した番組を別の部屋のテレビやパソコンで視聴できる「ソニールームリンク」に対応。さらに「BDZ-RX105」「BDZ-RX55」は、録画した番組を「ウォークマン」やPSPなどに高速転送して持ち出せる従来の「おでかけ転送」機能を強化し、転送先機器での視聴履歴に基づいて、よく見る番組を優先的に転送する「おまかせ更新転送」に対応する。

 このほか4機種共通の機能として、フルハイビジョン画質での長時間10倍録画を実現。アルゴリズムの改善により、従来の8倍録画での画質も向上した。キーワードを入力するだけで好みの番組を自動的に録画する「x-おまかせ・まる録」機能や、録画・再生・ダビングがガイド付きで簡単に操作できる「らくらくスタートメニュー」なども備える。