三菱電機は、2月4日、長年の使用による劣化から、ブラウン管カラーテレビ「29C-AT2」「29C-AT3」の焼損事故が3件発生したと発表した。今後の事故発生を予防するために、類似構造の機種を含む該当製品の使用中止を呼びかけている。

型番は、本体キャビネット正面または背面の銘板で確認

 対象製品は、1988年5月-1991年1月の期間に製造された25万8910台で、三菱ブランドが「29C-AT1」「29C-AT1BS」「29C-AT2」「29C-AT3」「29C-AT81」「29C-AT91」「29C-AT92」「29C-AT93」「29C-BA1」「29C-DA2」「29C-A3Z」「27C-AT1」「27C-AT2」「27C-AT3」の計25万4660台、ブラザー工業ブランドが「CT29-844」「CT29-845」「CT29-846」「CT29-847」「CT27-742」の計4250台。

 同社では、これらの製品が発売から約20年経過していることから、残存台数は約400台と推定している。なお、型番は本体キャビネット正面と背面の銘板に記載されている。

 ユーザーへは、「ご使用中止のお願い」を2月4日から同社HPに掲載して案内。廃棄についての相談やその他問い合わせは「0120-250-395(フリーダイヤル)」で、9:00-17:00(土・日・祝日除く)の受け付け。2月末までは、土・日・祝日を含む9:00-19:00も受け付ける。