ニコンは、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX(クールピクス)」で、光学10倍ズーム搭載で世界最薄モデル「COOLPIX S8000」を2月19日に発売する。価格はオープン。実勢価格は3万5000円前後の見通し。

COOLPIX S8000

 暗い場所でもきれいな写真が撮影できる「夜撮りキレイテクノロジー」を搭載。高感度低ノイズ機能や、撮影時にカメラが手ブレや被写体の動きを検知し、シャッタースピードや感度を自動的に設定する機能、レンズシフト式の手ブレ補正、フラッシュ制御を組み合わせることで実現した。

 撮影時に、「明るさ」「鮮やかさ」「色合い」を液晶モニターを見ながら簡単に調整し、自分の好みやイメージを再現できる機能を備える。

 レンズは30-300mm(35ミリフィルム換算)の光学10倍で、CCDは有効1420万画素。液晶モニタは約92万ドットで、約176度の広視野角タイプ。1280×720画素のステレオ音声付き動画が撮影できる。サイズは幅103×高さ57×厚さ27.3mm。