日本ヒューレット・パッカード(HP)は、1月21日、個人向けノートPC「HP Pavillion Notebook PCシリーズ」の春モデルとして、幅広いカスタマイズに対応する高性能モデル「dv7/CT」をはじめ、4シリーズ6機種の順次発売を開始した。

dv7/CT

 「dv7シリーズ」の「dv7/CT」は、高級感溢れるデザインを追求しながら高性能を実現した17.3型液晶搭載の上位モデル。カスタマイズに対応し、CPUやメモリ、HDD、OSなどが選択できる。PM55 Expressのチップセット、GeForce GT 230MのGPUなどを標準搭載する。バッテリの駆動時間は約3.5時間。

 CPUは、Core i5-430M(2.26GHz)/i7-720QM(1.60GHz)/i7-820QM(1.73GHz)から選択できる。メモリは2-4GB。HDDは320GBと1TBのほか、128GBのSSD+500GBのHDDを用意する。DVDスーパーマルチドライブ/BDドライブなどもカスタマイズ可能。OSは、Windows 7のHome Premium/Professional。価格は10万5000円から。

dv6i/CT

 スタンダードノート「dv6シリーズ」には、2機種を投入。15.6型ワイド液晶を搭載し、こちらも幅広いカスタマイズに対応する。

 上位モデル「dv6i/CT」は、CPUがCore i3-330M(2.13GHz)/i5-430M(2.26GHz)/i7-720QM(1.6GHz)から選択可能。メモリは2-4GB、HDDは250/500GB。DVDスーパーマルチドライブ/BDドライブをオプションで選べる。OSは、Windows 7 Home Premium/Professionalなど。バッテリ駆動時間は約3.4時間。価格は6万9930円から。

 エントリーモデル「dv6a/CT」は、CPUがSempron M120(2.1GHz)/AthlonIIデュアルコアM320(2.1GHz)。メモリは1-2GB、HDDは250/500GB。OSは、Windows 7 Home Premiumなど。バッテリ駆動時間は約4.3時間。価格は5万2500円から。1月末発売予定。

dm3i

 モバイルノート「dm3シリーズ」は、13.3型液晶搭載の2機種を発表。フルメタルのボディを採用し、キズがつきにくい。

 上位モデル「dm3i」は、CPUにCore 2 Duo SP9300(2.26GHz)、GPUにGeForce G105M、160GBのSSDなどを搭載する。メモリはカスタマイズに対応し、2-4GB。バッテリ駆動時間は約7.5時間。OSはWindows 7 Home Premiumをプリインストールする。価格は9万円前後から。

 エントリーモデルの「dm3a/CT」も、幅広いカスタマイズに対応。CPUは、Neo X2デュアルコアL335(1.6GHz)/同L625(1.6GHz)から選択できる。メモリは2-4GB、ハードドライブは250GBのHDD/128GBのSSD。OSは、Windows 7 Home Premiumなど。バッテリ駆動時間は約5時間。価格は6万9930円から。

dm1

 このほか、モバイルノート「dm1シリーズ」の「dm1」は、薄さ19.8mm、重さ1.5kgと薄型・軽量ボディが特徴。11.6型のワイド液晶、Celeron SU2300(1.2GHz)のCPU、、2GBのメモリ、320GBのHDDなどを備える。バッテリ駆動時間は約8時間。OSにはWindows 7 Home Premiumを採用。価格は8万円前後。