ウェザーニューズは、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で、災害の被害を最小にとどめるための「減災訓練」を1月17日に実施する。当日17:00-18:00の間に、番組中で緊急地震速報のテスト電文を放送し、「あと10秒で何ができるか」を訓練する。

1月17日の17-18時に「SOLiVE24」で減災訓練を実施する

 「SOLiVE24」は、PC、モバイル、BSデジタル放送910chで試聴できる気象番組。大きな地震がくる10秒前を想定し、1月17日(日)の17:00-18:00の間に緊急地震速報のテスト電文を放送。視聴者が実際に地震のまでの10秒間に、いくつの行動ができたのか、正しい行動ができたのかどうかを検証する。

 訓練後は、実際にどのような行動をとったのかをアンケート形式で調査。「避難路確保」「机やベットなどに潜る」「安全な部屋へ移動」「火の元確認」「布団・ヘルメット・防災ズキンなどを被る」「何もできず」などの結果を、当日の番組で放送する予定。

 実施は08年に続き2回目。前回は「避難路確保」「机やベッドなどに潜る」など、10秒間の行動数は平均1.8個だった。1月17日には、前回よりも多くの行動数を目指す。