イメーション、HPブランドの光ディスク新シリーズ、データ用DVD-Rと録画用BD-R

ニュース

2010/01/12 19:35

 イメーション(市村 操社長)は1月12日、ヒューレット・パッカード(HP)ブランドの光ディスクの新製品として、データ用DVD-RとDVD-R、録画用BD-Rを2月1日に発売すると発表した。価格はオープン。

 イメーションは、HPと記録メディアの販売権に関する世界規模での包括契約を結んでいる。08年2月の前シリーズ発売から2年が経過したことで、市場動向やニーズに合わせて製品をアップデートし、BDを含めた新シリーズを発売する。新たなパッケージデザインを採用するとともに、09年秋からネットなど一部チャネルで先行発売していた録画用BD-Rの販路を拡げ、店頭でも発売する。

(上段左)「CDR80HPWBX10SA」(上段右)「CDR80HPWBX50SA」(下段)「CDR80HPSBX50SA」

 記録速度は、データ用CD-Rが1-52倍速、データ用DVD-Rが1-16倍速、録画用BD-Rが1-4倍速。CD-RとDVD-Rは、高感度記録色素、BD-Rは無機材料などの採用によって、安定した記録・再生特性をもつ。長期保存にも対応する。

 インクジェット対応のホワイトディスクは、水性ペンでの手描きも楽しめる内径23mmのワイド仕様。パールホワイトディスクは、タイトル記入や整理に便利なガイドラインが付き。CD-RとDVD-Rは、グリーン購入法に適合している。

 ラインアップと価格は、CD-Rのインクジェットプリンタ対応ホワイトワイドレーベル10枚入り「CDR80HPWBX10SA」が400円前後、同50枚入り「CDR80HPWBX50SA」が1500円前後。ガイドライン付きパールホワイト・ディスク50枚入り「CDR80HPSBX50SA」が1300円前後の見込み。

(上段左)「DVD-R4.7HPWBX10SA」(上段右)「DVD-R4.7HPWBX10PA」(下段左)「DVD-R4.7HPWBX50SA」(上段右)「DVD-R4.7HPSBX50SA」

 DVD-Rのインクジェットプリンタ対応ホワイトワイドレーベル10枚入り「DVD-R4.7HPWBX10PA(5mmスリムケース)」が900円前後、同10枚入り「DVD-R4.7HPWBX10SA」が800円前後、同50枚入り「DVD-R4.7HPWBX50SA」と、ガイドライン付きパールホワイト・ディスク50枚入り「DVD-R4.7HPSBX50SA」が2000円前後の見込み。

「BDR25HPWBX25S」

 BD-Rのインクジェットプリンタ対応ホワイトワイドレーベル25枚入りは、6700円前後の見込み。なお、DVD-R10枚入り「DVD-R4.7HPWBX10PA(1枚ごとのケース付き)」以外は、メディアを重ねてパッケージするスピンドルケースタイプ。

オススメの記事