キヤノン、一眼レフカメラEOS用の高性能望遠ズーム「EF70-200mm F2.8L IS II USM」

ニュース

2010/01/06 18:54

 キヤノンは、一眼レフカメラEOS用の交換レンズで、大口径の望遠ズームレンズ「EF70-200mm F2.8L IS II USM」を3月上旬に発売する。税別価格は30万円。

EF70-200mm F2.8L IS II USM

 2001年9月に発売した「EF70-200mm F2.8L IS USM」の後継レンズ。プロやハイアマチュアユーザーからの要望を取り入れて、画質と耐久性を向上。報道・スポーツや風景撮影に適したレンズに仕上げた。

 新たに蛍石1枚と、UD(特殊低分散ガラス)レンズを1枚追加して5枚としている。特殊光学材料を使用した光学設計で色収差の発生を極小に抑えると同時に、ズーム全域で高い解像度とコントラストを実現した。

 シャッタースピード換算で従来製品よりも1段分を向上させた約4段分の手ブレ補正機構を搭載。マウント、スイッチ、フォーカスリングなどは防塵・防滴構造で、ホコリや水分の侵入を防止する。月産1万本を予定している。

オススメの記事