ビックカメラは、毎年恒例となる西暦にちなんだ福袋「2010年スペシャル袋」をはじめとする各種の福袋を、2010年元旦の朝10時から各店で販売すると発表した。なお、札幌店は元旦朝9時、柏店は1月2日朝10時からの営業となる。

福袋のイメージ

 「2010年目玉福袋」として販売するのは、「2010年スペシャル」と名付けた201万円の福袋。65V型のプラズマテレビ、ブルーレイレコーダー、ブルーレイプレーヤー内蔵ポータブル地上デジタルテレビ、シアターラック、マイクロ一眼デジタルカメラ、スチームオーブンレンジ、加湿機能付空気清浄機、400Lクラス冷蔵庫、ドラム式洗濯乾燥機、サイクロン掃除機、圧力IH炊飯器、ノートパソコン、多機能プリンタ、腕時計と、通常売価で268万円相当のアイテムの詰め合わせとなる。取り扱い店舗は池袋本店・新宿西口店・有楽町店本館で、各店1セットの限定発売。

 そのほかの「目玉」は、46型LED液晶テレビ、LED電球など、同社オススメの「省エネ家電」をまとめた「エコ・ファースト袋」57万8000円、一部地域では地元球団とのコラボ特典付きの「液晶テレビ+ブルーレイレコーダー(感動セットC)」16万9800円、「エコ家電セット(冷蔵庫+ドラム式洗濯機)」17万8000円、エコキュートとIHクッキングヒーターをセットにした「オール電化セット」59万8000円、スチーマーと超音波美顔器をセットにした「レディースビューティセット」1万9800円を販売する。

 また、ブルーレイレコーダーをはじめ、デジタルカメラやオーディオプレーヤー、パソコンなど、ビックカメラならではのAV・家電商品を中心としたセット袋も用意。ラインアップと価格は、「デジタルオーディオ袋」が5980円、「デジタル一眼カメラ袋」が4万9800円、「ノートパソコン袋」が7万9800円、「人気のゲーム機セット」が1万9800円など。

 実施店舗は、ビックカメラ全29店舗とフランチャイズ3店舗を加えた合計32店舗。取扱う福袋は店舗により異なる。