Nero、Windows 7対応のマルチメディア統合ソフト「Nero 9 - Reloaded」

ニュース

2009/12/14 19:26

 Neroは12月14日、マイクロソフトの新OS、Windows 7に対応したマルチメディア統合ソフト「Nero 9 - Reloaded」4製品を、1月9日に発売すると発表した。ラインアップと価格は、通常版が1万3500円、アップグレード版が9800円、ガイドブック付きの通常版が1万5500円、ガイドブック付きのアップグレード版が1万1800円。

Nero 9 - Reloaded

 「Nero 9 - Reloaded」は、20種類以上のマルチメディア関連ソフトを収録し、映像・音楽・写真などのデジタルメディアを扱う際に必要な機能を一つのパッケージにまとめた統合ソフト。搭載アプリケーションは、作業に最適なソフトを自動で選択して起動するランチャーソフト「Nero SmartStart」をはじめ、ハイビジョン映像の取り込みなどができるビデオ編集・オーサリングソフト「Nero Vision」、CD/DVD/BDの書き込みやCD/DVDの再生機能、動画変換ソフトなど。

 スケジュールバックアップや完全/差分/増分バックアップなど、多様なバックアップタイプをサポートする統合バックアップ機能「Nero BackItUp」を搭載し、データの保護が簡単。対応OSは、Windows 7/Vista/XP。

オススメの記事