ソースネクスト、麻雀や将棋などWindows 7対応のPC用ゲームソフト3製品

ニュース

2009/12/10 12:23

 ソースネクストは12月9日、マイクロソフトの新OS、Windows 7に対応したPC用ゲームソフト3製品を、12月18日に発売すると発表した。ラインアップと価格は、シミュレーションゲーム「A列車で行こう The 21st CENTURY パーフェクトセット Windows 7対応版」が3970円、テーブルゲーム「最強伝説 麻雀覇王6 Windows 7対応版」「最強 東大将棋6 Windows 7対応版」がともに2990円。

(左から)A列車で行こう The 21st CENTURY パーフェクトセット Windows 7対応版、最強伝説 麻雀覇王6 Windows 7対応版、最強 東大将棋6 Windows 7対応版

 「A列車で行こう The 21st CENTURY パーフェクトセット Windows 7対応版」は、フル3D表示が特徴の鉄道経営シミュレーションゲーム。全国の鉄道会社のライセンスによる120種類以上の登録車両を選んでプレイできる。操作方法やゲームのコツをわかりやすく説明するチュートリアル機能などを搭載。

 「最強伝説 麻雀覇王6 Windows 7対応版」は、日本プロ麻雀協会監修の本格麻雀ソフト。強力な思考エンジンを備え、協会プロと対戦できる「協会シミュレーションモード」や、実力の目安がわかる「レーティング戦モード」など、8つのバトルモードを収録する。

 「最強 東大将棋6 Windows 7対応版」は、世界コンピュータ将棋選手権に4回優勝した思考プログラムを搭載した本格将棋ソフト。「通常対局」から「目隠し道場」などの上級者用モードまで、幅広い棋力に対応する。対応OSはすべて、Windows 7/Vista/XP/2000。

オススメの記事