ジャストシステム、25周年を迎えた「一太郎」、日本語入力ソフト「ATOK」新版も

ニュース

2009/12/09 16:11

 ジャストシステムは12月8日、日本語入力ソフト「ATOK 2010 for Windows」と日本語ワープロソフト「一太郎2010」を、2010年2月5日に発売すると発表した。税別価格は「一太郎」が2万円、「ATOK」が8000円。いずれもWindows 7に対応する。

ATOK 2010 for Windows」と「一太郎2010」

 「ATOK 2010 for Windows」は、プログラムの動作や使用メモリの最適化などを行い、軽快な動作を実現した。同音異義語の出現確率や前方単語との距離を考慮した、組み合わせの確率を総合的に計算する新アルゴリズムを変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」に導入し、文脈に応じて適切な同音語に変換できるようになった。このほか、校正支援機能の強化として「重ね言葉の指摘」を追加。「あらかじめ予約しておく」など、同じ意味の言葉を重ねて使った場合、指摘と訂正候補を提示する。

 「一太郎2010」は、2010年で発売25周年を迎えるワープロソフト。目を引くPOP文字を作成する「POP文字」機能、文書を解析して自動的に装飾を施し、見ばえのよい文書を作成する「オートブック」機能を強化。同社の表計算ソフト「三四郎」や、Excelなど別のアプリケーションで作成した文書も一つのファイルにまとめることができ、今回PDF形式のファイルも追加可能になった。日本語入力ソフト「ATOK 2010 for Windows」を標準で搭載する。

オススメの記事