日本ビクターは12月8日、デジタルビデオカメラ「Everio(エブリオ)」シリーズから、光学30倍ズームを搭載し、高感度CMOSセンサーを備えた「GZ-HD620」を、12月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は11万円前後の見込み。

Everio GZ-HD620

 「GZ-HD620」は、ハイビジョンビデオカメラとして業界最高倍率の光学30倍ズーム「コニカミノルタHDレンズ」を搭載。総画素数332万画素の1/4.1型「B.S.I. CMOSセンサー」を備え、感度を大幅に拡大した。本体は270gと軽量ながら、容量120GBのハードディスクを内蔵、最大約50時間のフルハイビジョン(フルHD)動画撮影に対応する。

 最低被写体照度を従来機の9ルックスから4ルックスに改善し、暗いシーンも美しく撮影できる。ワイド側撮影時に強力な効果を発揮する「アクティブモード」搭載の電子手ブレ補正機能や、変化していく長時間のシーンを圧縮して記録し、短時間で再生する「タイムプラス記録モード」、自動撮影の「オートフレームイン撮影モード」など、多彩な撮影機能を備える。

 液晶モニタは2.7型。外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。連続撮影時間は標準バッテリ使用時で約1時間20分。サイズは幅53×奥行き115×高さ63mm。カラーは、ルージュレッド、クリアブラック、チタンシルバーの3色を用意する。