クリエイティブメディアは12月2日、ハイビジョン(HD)撮影ができるポケットサイズのデジタルビデオカメラ「Creative Vado HD 3rd Gen(VD-3HD4G)」を12月中旬に発売すると発表した。直販サイト「クリエイティブストア」限定で販売し、価格は1万7800円。

Creative Vado HD 3rd Gen

 幅57.6×高さ98.8×奥行き15.3mmと、携帯電話ほどのコンパクトなボディが特徴のデジタルビデオカメラ。HD CMOSセンサーを搭載し、1280×720画素のHD動画を撮影できる。

 マニュアル露出調整や、一定の動きがあった場合に自動で録画をスタートする「動き検知録画モード」を備えた。また、新たに静止画撮影にも対応。本体右側面の「モード切り替えボタン」で、ワンタッチで切り替えられる。

 レンズは手ブレの起きにくい広角レンズで、デジタルズームは2倍。4GBのメモリを内蔵し、HD映像を約120分、静止画を約7000枚記録できる。スピーカーはモノラルだが、外部のプラグインパワーステレオマイクに対応し、併用すればステレオ音声でのビデオ録画も可能。HDMI出力端子を備え、付属するHDMIケーブルで本体をテレビとつなげば、撮影した動画・写真を大画面で楽しめる。

 WindowsとMacに対応したソフト「Creative Vado Central 3」を内蔵。本体とPCをUSB接続し、シーンカットなどのビデオ編集や、写真のサイズ変更ができるほか、動画投稿サイトのYouTubeや、Facebook等のソーシャルネットワーキングサービスなどに、ダイレクトにファイルをアップロード可能。

 電源は充電式リチウムイオンバッテリで、約2時間駆動する。PC接続用のUSBコネクタは本体に内蔵し、USB延長ケーブルも付属する。対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.4以降。カラーはシアン、ブラック、ホワイト。