オウルテック、圧力センサで自由自在に操ることができる入力デバイス

ニュース

2009/12/02 18:26

 オウルテックは、手に持って親指と人差し指で操作するマウスやジョイスティックの機能をもつ入力デバイス「OZPAD-3WAY(オズパッド3ウェイ)」を12月中旬に発売する。価格は4980円。

OZPAD-3WAY

 高感度全方位圧力センサを搭載し、空間ポインティングデバイス、ジョイスティック、光学式マウスの三つの機能をもつ入力デバイス。入力操作に机などの平面を必要としない。空間ポインティングのモードでは、上部のパッドに指を押し付けることでPCのカーソルを動かす。圧力の強弱で、カーソルを動かす速度が調整できる。

 ジョイスティックのモードでは、本体が2軸4ボタンのジョイスティックとしてPCに認識される。キートップの外周に指で圧力を加えれば、通常型ジョイスティックと同様の動作ができる。このほか、机などでの一般の光学式マウスとしての利用も可能。

 解像度は1000dpi相当。本体サイズは幅100×奥行き45×高さ20mm、重さ70g。対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000、Mac OS 10.2以上。

オススメの記事