工人舎は11月27日、スライドオープン式のデュアルディスプレイを搭載したモバイルノートPC「KOHJINSHA DZシリーズ(DZ6KH16E)」の受注を開始し、12月11日から発売すると発表した。価格は7万9800円。

KOHJINSHA DZシリーズ(DZ6KH16E)

 解像度1024×600ピクセルの10.1型ワイド液晶ディスプレイを、上下に重ねたかたちで2基搭載。通常は1基のディスプレイを使用するが、重なった部分を左右にスライドすれば、2枚のディスプレイを並べて最大2048×600ピクセルの表示領域を確保できる。ブラウザや複数のアプリケーション、横長の表計算シートなどを、画面をまたいで展開することで、作業効率が高められるという。 

ディスプレイを収納した状態

 そのほかワンセグチューナーや130万画素のWebカメラ、指紋センサーなどを搭載。主な仕様は、CPUがAthlon Neo MV-40(1.6GHz)、GPU内蔵のAMD RS780MNチップセット、1GBメモリ、160GBのHDDなどで、光学ドライブは非搭載。OSはWindows 7 Home Premium(32bit版)を採用し、Microsoft Officeと互換性がある統合ソフト「EIOffice 2009」をプリインストールする。

 インターフェイスには、USB2.0×3、microSDカードスロット、SD/SDHC、メモリースティック、MMCに対応するマルチカードスロットなどを備える。通信機能はIEEE802.11b/g/n、Bluetooth Ver.2.1+EDRに対応する。バッテリー駆動時間は4.5時間。ディスプレイを閉じた状態での本体サイズは幅280mm×奥行き210mm×厚さ19-42mmで、重さ1.84kg。