NECは11月25日、NTTドコモとソフトバンクモバイル向けの09年度冬春モデル携帯端末として、1220万画素カメラ搭載の「N-02B」や810万画素カメラを備えた「N-01B」など、計6機種を披露した。発表会には、「N-02B」と「N-01B」のCMに起用した俳優・玉木宏さんとファッションモデル・RINAさんが登場した。

新端末を披露する玉木宏さんとRINAさん

 発表会の冒頭、山崎耕司・執行役員は「デザインや機能をカスタマイズできるモデルで、多様化している個人のニーズやライフスタイルに応じた端末を提供したい」と、新機種の開発コンセプトを明らかにした。

山崎耕司・執行役員

 新製品の目玉となるのは、1220万画素カメラを搭載したドコモPRIMEシリーズの「N-02B」。約0.8秒というで高速起動と、約1.5秒間隔でシャッターが切れる「クイックショット」を備えるなど、カメラ性能を高めた。また、WiFi接続で送受信最大54Mbpsの高速パケット通信で、動画メールを送ることができる。20代後半男女のトレンドリーダーをターゲットに据える。

ドコモPRIMEシリーズの「N-02B」

 「N-02B」のCMキャラクターには、俳優の玉木宏さんを起用。写真が趣味という玉木さんは、「N-02B」のカメラ機能について「ぼくのデジカメよりも画素数が高くてきれい」と高画質を賞賛。ギターのネックと自分の手のひらの撮影画像を披露し、きれいな描写をアピールした。

「N-02B」について語る玉木宏さん

 また、ドコモSTYLEシリーズの「N-01B」は、30代前半の女性がターゲット。厚さ13.4mmとスリム化を図ったボディに、ネイルアートをイメージした装飾を施し、女性らしい上質さを表現する。好みに合わせて選べる「マイセレクトモデル」対応で、2701パターンから自分なりのデザインが選択できる。さらに、ピンクに仕上げたアクセサリーブランド「STNY by Samantha Thavasa」とのコラボレーションモデルも用意。

ドコモSTYLEシリーズの「N-01B」(左)と同機種の「STNY by Samantha Thavasa」コラボモデル

 機能面でも女性の好みに配慮。受信するメールの内容によって本体が輝いて色が変わる「エモーショナルイルミネーション」を採用した。例えば、メールが誘いへの断りの場合は本体がブルーに光るなど、イルミネーションが受信者の感情を想定するのが特徴。このほか、肌を美しく写す「美肌モード」を備える810万画素のカメラを装備。「N-02B」同様、「クイックショット」機能も搭載する。

「N-01B」のCMキャラクターに起用したRINAさん

 「N-01B」のCMには、ブラジル出身のハーフで日本で活躍するRINAさんが出演する。会場でRINAさんは「N-01Bは、クイックショットでシャッターチャンスを逃さない」とアピール。「愛犬との楽しい瞬間がばっちり撮れる」とうれしそう。自分のブログに掲載した愛犬ボビー君の画像や、やや疲れぎみの自分を「美肌モード」で撮影した画像を披露した。「疲れているようには見えない(笑)」と玉木さん。

STYLEシリーズの防水端末「N-03B」

 このほかドコモ向け端末として、STYLEシリーズの防水端末「N-03B」を投入する。背面パネルに従来機に比べ約5倍の硬度をもつハードコートを施し、さらに塗装をはがれにくくした「スクラッチシールド」技術を採用したことで、美しさが長持ちする。

 ソフトバンクモバイル向けの新端末としては、WiFi対応で高速インターネット接続が可能な「940N」、電話やメールの発信先を制限できる子供向けモデル「740N」、重さ約92gの軽量ボディをもつ防水端末「741N」の3機種を発表した。これら6機種は、12月以降、順次発売する。