ウィンドウズ デジタル ライフスタイル コンソーシアム(WDLC)は11月25日、デジタル製品を活用することで子どもをもつ30代の父親を応援する<a target="_blank" href="http://www.wdlc.jp/">「HERO★DADDY(ヒーロー・ダディ)」キャンペーン</a>を開始した。期間は2010年3月31日まで。

「HERO★DADDY」キャンペーン専用Webサイトのトップページ

 「仕事が忙しい」「家族とコミュニケーションがとれない」などの悩みをもつパパが、家族の頼れる“ヒーロー”になるよう応援するキャンペーン。最新のPCや周辺機器、サービスを活用して「できたらいいな」と思うことが実現するように、専用のWebサイトで情報提供する。

 コンテンツの第1弾は、映画『ドラえもん・のび太の人魚大海戦』とタイアップした「感動年賀状メーカー」。映画のキャラクター入りテンプレートから好きなデザインを選び、手持ちの写真をアップロードすれば、簡単に年賀状を作成することができる。12月1日から専用Webサイト上で公開する。今後は第2弾として、卒業式や入学式で撮りためた子どもの写真を使ってムービーアルバムを作成するツールを2010年春頃に提供する予定。

 今回のキャンペーンは、2008年5月9日-9月中旬に実施した「PC de TVキャンペーン」、08年9月30日-09年3月末の「PC de 旅キャンペーン」、09年4月23日-9月30日の「アイ.ハコブ プロジェクト」に続く第4弾。WDLCは95社(11月25日現在)が参加し、各社が提供するPC、携帯電話などのデジタル製品や各種サービスを連携したライフスタイルを提案し、市場全体の活性化を目指している。