大日本印刷は11月17日、ICカード用のOS「MULTOS(マルトス)」を搭載したmicroSDカードを世界で初めて開発したと発表した。同カードをモバイル機器に装着することで、高いセキュリティをもった個人認証や決済などの機能を追加できる。

ICカード用のOS「MULTOS」を搭載したmicroSDカード

 「MULTOS」はキャッシュカードやクレジットカード、電子マネー、ネットワーク認証などが使用するOS。このOSをmicroSDカードに組み込むことで、個人認証や決済といった作業をモバイル機器本体で行えるようになるのが特徴。これまで必要とされていたICカードと専用リーダーライターは使わなくても済む。

 同カードに内蔵するICチップは高いセキュリティを確保する。一般的に使用されている暗号よりも高度な鍵暗号方式「RSA2048bit」や暗号化方式「AES」に加え、ハッシュ関数「SHA256」に対応。さらに、公開鍵暗号の基盤「PKI」などを活用することで、よりセキュリティの高い機能を追加できる。

同カードの利用イメージ

 例えば、携帯型ゲーム機でゲーム内で使えるアイテムを購入する際、同カードを本体に挿入すれば、ICカードを使うことなくインターネット上で決済が可能。また、車への導入も期待される。同カードを挿入したポータブルナビゲーションで個人情報を照合、本人確認を行い、本体を車にかざすだけで鍵が開くといった使い方も想定する。

 容量は2GBで、通常のメモリカードとしても利用できる。メモリ部分にロックをかければ情報漏えいを防ぐことも可能で、機密文書などを安全に持ち運べる。同社では、同カードとその周辺ビジネスにより、2012年度までに約50億円の売り上げを見込む。