PFUは11月16日、ドキュメントスキャナ「ScanSnap(スキャンスナップ)」シリーズの新製品として、WindowsとMac両対応のエントリーモデル「S1300」を11月21日に発売すると発表した。直販サイトでの価格は2万7800円。

S1300

 最大でA4両面原稿を毎分8枚、両面16面を読み取ることができるドキュメントスキャナ。上位モデル「S1500」が備える3つの「インテリジェント機能」を搭載する。「インテリジェント・インデックス機能」で水性蛍光ペンでマーキングした単語や文章をOCR処理し、PDFのキーワード情報として自動登録。WindowsデスクトップサーチなどのOS搭載の検索機能を利用して、簡単にPDFを検索することができる。

 「カラー自動判別機能」はカラーと白黒のほか、グレースケールの判別・出力に対応し、白黒設定では再現できなかった絵柄なども読み取れる。そのほか、書類上のマーカーで囲った部分を自動認識し、切り出してPDF化できる「インテリジェント・クロッピング機能」も装備。書類の必要な部分のみを別のPDFファイルとして保存できる。

 管理ソフト「ScanSnap Manager」はWindows用とMac用の両方が付属し、OS環境に合わせて使い分けが可能。Windows専用名刺管理ソフト「名刺ファイリングOCR」とMac専用名刺管理ソフト「CardMinder」も標準で添付する。本体サイズは幅284×奥行き99×高さ77mm、重さ1.4kg。カラーはシルバー。

 また、視覚的・直感的な操作でドキュメント管理が可能なドキュメントファイリングソフト「楽2ライブラリ パーソナル V5.0」を同梱したセットモデルもラインアップする。直販サイトでの価格は3万2800円。