シャープは、ブルーレイディスク(BD)レコーダー「AQUOSブルーレイ」の新製品として、320GBのHDDを搭載した「BD-HDS43」を11月21日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は8万5000円前後の見込み。

BD-HDS43

 映像データをフルハイビジョン(フルHD)のまま圧縮する独自のトランスコーダー方式を採用し、フルHD画質で約8.5倍の長時間録画が可能。2層式のBDを使用した場合で、最長約36時間の録画ができる。また、BD-REディスクに予約情報を書き込み、レコーダーにセットするだけで番組の予約録画が行え、1枚のディスクで毎日/毎週の予約を含め8番組の予約設定が可能。

 番組再生時は、約1.5倍速の再生でも聞き取りやすい音声での視聴が可能な「早見・早聞き再生」に対応。そのほか、音声の切り換わりを検出してチャプター化し、シーンごとに区切って再生できる「おまかせオートチャプター」を搭載。不要なシーンを飛ばしたり、ダビング用に編集するときなどに活用できる。

 そのほか、同社の液晶テレビ「AQUOS」とのリンク機能も強化。レコーダーの再生時に、テレビリモコンのカーソル/決定ボタンだけでレコーダーの操作が可能な操作パネルを、テレビの画面端に表示する。また、リモコンに「ファミリンク」ボタンのあるテレビの場合、画面を縮小して操作パネルを表示できるので、再生中の番組が隠れない。

 チューナーは地上・BS・110度CSデジタル×1、地上アナログ×1のシングルチューナーモデル。対応するメディアはBD-R/RE、BD-R DL/RE DLおよびDVD-R/RW、DVD-R DL。出力端子はHDMI×1、S映像×1、D4×1など。