オリンパスイメージングは11月12日、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL」のラインアップを拡大するとし、超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」と、高倍率ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6」の2本の開発を発表した。2010年上半期の発売を予定し、価格は未定。

(左から)「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6」

 いずれもフランジバックを短縮できるマイクロフォーサーズ規格を生かしたコンパクトな設計が特徴。光学系にはED(特殊低分散)レンズを採用し、色収差を良好に補正する。
 

「OLYMPUS PEN E-P2」に「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」を装着した状態

 「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」は、焦点距離が35mmフィルム換算で18-36mm相当の超広角ズームレンズ。全長は50mmで、同等の焦点距離を持つ同社従来品「ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」(73mm)と比較して、20mm以上小型化している。

 一方、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6」は、焦点距離が35mmフィルム換算で28-300mmの高倍率ズームレンズ。レンズ最大径は65mmで、こちらも従来品から大幅な小型化を実現したとしている。
 

「M.ZUIKO DIGITAL」レンズ群

 ともに同社製のデジタル一眼カメラ「OLYMPUS PEN E-P1」、本日発表の「同E-P2」のほか、マイクロフォーサーズ規格のカメラに装着して利用できる。また、上記2本のレンズも含めた「M.ZUIKO DIGITAL」レンズの今後のロードマップについても、同社のWebサイト上であわせて公開している。