任天堂は10月29日、携帯型ゲーム機「DSシリーズ」として、従来の「ニンテンドーDSi」よりも画面サイズを大きくした「ニンテンドーDSi LL(エルエル)」を11月21日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

ニンテンドーDSi LL(点線はニンテンドーDS Liteの画面サイズ)
写真提供:任天堂株式会社

 「DSi」の画面サイズが3.25型であるのに対し、「DSi LL」では4.2型の液晶を搭載したのが特徴。また、視野角を向上し、プレーヤーの周りにいる友達や家族にも画面を見やすくした。カメラやSDカードスロット、インターネット接続など「DSi」がもつ機能はそのまま継承する。

 専用タッチペンは通常サイズの約96.0mmに加え、長さ129.3mmのものも付属することで使い勝手を高めた。カラーはダークブラウン、ワインレッド、ナチュラルホワイトの3色。サイズは縦91.4×横161×厚さ21.2mm、バッテリーとタッチペンを含む重さは約314g。

 購入後すぐに遊べるようソフトをあらかじめ内蔵する。ソフトの種類は、09年秋以降出荷した「DSi」に内蔵している「ニンテンドーDSiブラウザー」「うごくメモ帳」のほか、「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 文系編」「同 理系編」「明鏡国語 楽引辞典」も新たに加えた。対応ソフトはニンテンドーDS専用ソフト、ニンテンドーDSi専用ソフト、ニンテンドーDSiウェア。