米アドビ・システムズは現地時間10月5日、PCおよびモバイル機器に対応した最新のブラウザプラグイン「Adobe Flash Player 10.1」を発表した。

Adobe Flash Player

 同社が推進する「Open Screen Project」導入後初のランタイム。開発者向けのパブリックベータ版は年内に公開する予定だという。また、パソコン向けのWindows版、Mac OS版、Linux版は09年後半、Android版とSymbian OS版については2010年前半の公開を予定している。

 「Flash Player 10.1」では、GPUの処理能力を活用し、動画とグラフィックスのアクセラレーションを実行しつつ、バッテリ寿命を節約。リソースの利用を最小限に抑えることができるという。また、モバイル対応の新機能としては、マルチタッチ、ジェスチャー、モバイル入力モデル、加速度計、スクリーンオリエンテーションなどを用意する。

 また、同社では今後Flash PlayerのBlackberry対応を目指しRIMと協力していくことをあわせて発表したほか、「Open Screen Project」にGoogleが加わったことも明らかにした。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111353');