東芝は10月5日、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」のフラグシップモデルとして、「Cell Broadband Engine」搭載の「CELLプラットフォーム」を世界で初めて採用した55V型の液晶テレビ「CELLレグザ55X1」を12月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は100万円前後の見込み。6日から幕張メッセで開幕する「CEATEC JAPAN 2009」の同社ブースにて展示する。

「レグザ」の頂点「CELLレグザ55X1」

 同社がソニー、IBMと共同開発した、マイクロプロセッサ「Cell Broadband Engine」をメインCPUに、3枚のデジタル基板で構成した「CELLプラットフォーム」を採用する。「Cell Broadband Engine」の演算処理能力は、従来製品が積んでいる映像エンジン「メタブレイン」の143倍。より高精細な映像表現や、複数の映像の並列処理などが可能になる。

パネルと別のボックス(上)に「CELLプラットフォーム」(下)、チューナー、HDD等を搭載する

 フルハイビジョン画質に満たない解像度の映像を、ノイズの少ない高精細な映像に復元する「超解像技術」は、従来の超解像技術を施した映像に対し、さらに自己合同性による超解像処理を施すことで、画像の復元精度が向上した。例えば、映像の中の一部分と類似したパターンを、同じ映像の中の周辺部分から検出、抽出して重ね合わせることで、より正確な補正を行う。

 液晶パネルは、LEDバックライトを採用した「メガLEDパネル」で、従来比2.5倍の業界最高のピーク輝度1250cd/m2、ダイナミックコントラスト比500万:1を実現する。また、LEDバックライトの制御画面を従来の96分割から512分割に拡大し、光彩部と陰影部が隣接する輪郭描写において、キレのよい映像表現が可能になった。

液晶パネルにはLEDバックライトを採用

 チューナーは、地上デジタルチューナー×11、BS・110度CSデジタルチューナー×3、地上アナログチューナー×1の合計15基を搭載。ストレージは3TBのHDDを内蔵する。

B-CASカードは6枚挿入する

 搭載するデジタルチューナーとHDDを、録画機能別に使い分ける新しい録画スタイルを採用。過去約26時間分の番組を最大8チャンネル分保存しておける「タイムシフトマシン」機能には、8基の地上デジタルチューナーと2TBのHDDを割り当てる。リモコンの「タイムシフトマシン」ボタンを押すことで、録画した番組を過去番組表として表示することができ、見忘れてしまった番組でも簡単に検索して視聴できる。

録画した過去約26時間分の番組表を表示

 そのほか、地上デジタル放送の番組を自由に視聴しながら、同時に2番組を1TBのHDDに録画できる「地デジ見ながらW録」も備える。

 インターフェイス面では、本体に一時保管した大量の番組や現在放送中の番組、今後の放送予定番組を独自のアルゴリズムで関連付けて検索できる「ローミングナビ」を搭載。ユーザーが選択した番組のサムネイルを画面中央に表示し、タイトル、人物、ジャンル、キーワード別に関連のある番組のサムネイルを環状に表示することで、ネットサーフィンをするように番組を検索できる。

ユーザーが選択した番組に関連のある番組のサムネイルを環状に表示する「ローミングナビ」

 リモコンは、キーを押す指の力の向きを考慮してキートップに傾斜を付けたキー形状や、タッチパッドの採用で操作性が向上。また、新たに全方位送信の電波方式を採用し、リモコンの向きを気にせずにテレビを操作することができる。

リモコンにはタッチパッドを採用

 インターネットブラウザには、オペラソフトウェアと共同開発したOperaブラウザを採用し、WebサイトをフルHD解像度で高速に表示。リモコンのタッチパッドによるフリーカーソル入力や手書き文字入力にも対応する。動画共有サイト「YouTube」の再生にも対応し、コンテンツを補正して高画質で楽しむことができる。

 そのほか、世界有数のスピーカーメーカーであるフォスター電機と共同開発した低音域用スピーカー「ウーファー」と高音域用スピーカー「ツィーター」を搭載するスピーカーシステムが、映像に迫真の音響を加える。

デジタルメディアネットワーク社の大角正明社長

 発表会でデジタルメディアネットワーク社の大角正明社長は「『CELLレグザ』は、東芝の技術とプライドを集結した、テレビの観念を変える『最高のエンターテインメント・マシン』。このテレビに触れた人々には、カラーテレビ誕生時のような感動、驚き、興奮を再び感じてもらえるだろう」と語り、「始めは月1000台の販売を目標にスタートする。『CELLレグザ』の機能は、今後スタンダード化していくだろう。1年で中級機まで『CELLレグザ』の一部の技術を落とし込み、2010年には海外でも発売を目指す」と今後の戦略について語った。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');