パナソニックは9月28日、HDD・DVDレコーダー「ハイビジョンDIGA」の新モデル2機種を10月15日から発売すると発表した。価格はともにオープン。ラインアップと実勢価格は、BS・110度CSデジタルおよび地上アナログチューナーを各1基搭載し、HDD容量が500GBの「XP200」が7万円前後、地上デジタルチューナーのみで、HDD容量が320GBの「XE100」が5万円前後の見込み。

(左から)「DMR-XP200」と「DMR-XE100」

 いずれも、新世代システムLSI「UniPhier」と、MPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、フルハイビジョン(フルHD)画質での長時間録画が可能。HLモードでDVD-R/RAMに約2時間10分、上位モデル「XP200」の場合、HDDに約252時間のフルHD録画ができる。

 高画質回路「HDオプティマイザー」により、デジタル放送のブロックノイズやざわつきノイズを、独自のアルゴリズムで検出し低減。ハイビジョン放送をより美しく録画・再生することができるという。データ放送をカットして録画時間を優先する「データ放送カット録画」や、録画した番組に自動的にチャプタを付与して、CMスキップなどが行なえる「オートチャプター」なども備える。

 また、「XP200」はワンセグ放送の録画にも対応。録画した番組をmicroSDカードに転送し、対応する携帯電話などで試聴できる。さらに、同社のデジタルビデオカメラやデジタルカメラで撮影したハイビジョン映像(AVCHD、AVCHD Lite)の再生/保存にも対応するほか、HDDに保存したハイビジョン映像を編集し、記録メディアに書き込むこともできる。

 インターフェイスはHDMI端子×1、D4端子×1などで、「XP200」はSビデオ端子×1も搭載。本体サイズは「XP200」が幅430×奥行き244×高さ59mmで、重さ3.4kg。「XE100」が幅430×奥行き244×高さ59mmで、重さ3.3kg。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');