富士フイルムは9月24日、デジタルフォトフレーム「DP-7V」を10月10日に発売すると発表した。サイズは7型。写真のほか動画や音楽も再生できる。価格はオープンで、実勢価格は1万3000円前後の見込み。

DP-7V

 色はブラックで、付属する木製フレームを取り付けることもできる。本体の向きに合わせて静止画を縦横に回転させる機能を備える。このほか、時計・カレンダー表示や6種類のエフェクトから選べるスライドショーにも対応する。

 解像度はSVGA(800×600ピクセル)、アスペクト比は4:3、再生可能なファイルは、静止画がJPEGとBMP、動画がAVIとMOV(Motion JPEG)、音楽がMP3。512MBの内蔵メモリのほか、xD-ピクチャーカードやSD/SDHCカード、マルチメディアカードなど14種類のメモリカードに対応するカードスロットを搭載。インターフェイスにUSB端子も装備する。電源はACアダプタ。