シャープは9月16日、シンプルなパネル構造で、液晶分子の向きを精密に制御できる、液晶テレビ向けの光配向技術「UV2A技術」を開発し、世界で初めて本格的に生産導入すると発表した。

 「UV2A技術」とは、紫外線によって反応する特殊な材料を配光膜として採用し、照射方向によって液晶分子の並びを高精度に制御する光配向技術。大きさわずか2ナノ程度の液晶分子を、ピコスケールの制度で傾斜制御できる。

「UV2A技術」を利用したパネルの特徴

 バックライトからの光もれがなく、従来比1.6倍となる5000:1のコントラスト比を実現でき、「沈み込んだ黒」を表示できる。また、液晶パネルの開口率が従来比で20%以上アップ。バックライト光を効率よく活用できるので、鮮やかな色を表示しながら省エネ性にも優れる。応答速度も従来比2倍となる4ms以下まで向上し、3D表示にも対応できる。さらに、パネル構造をシンプル化したことで生産性も向上するという。

高光利用効率とリブ・スレットレス構造により輝く白を表示

 井淵良明副社長・デバイス事業担当は「シャープは、液晶テレビに対する省エネ性と高画質化への意識の高まりから、従来のASV技術に変わる次世代の技術が必要だと感じ、『UV2A技術』を30年前から、液晶分子の気持ちになって開発してきた。ナノテクを超えるピコスケールの技術であり、シャープだからこそ開発できた技術だ」と自信を見せた。

井淵良明副社長・デバイス事業担当

 今後はこの新型パネルを、同社の新工場である堺工場で09年10月の立ち上げ当初から、亀山第2工場では下半期から生産ラインに全面導入し、グローバルに展開していく予定だという。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111375');