パナソニックは9月9日、ブルーレイディスク(BD)ドライブを搭載したHDD内蔵CATV向けセットトップボックス3機種を12月に発売すると発表した。CATV事業者に販売する形でパナソニック システムソリューションズ ジャパンが提供する。

セットトップボックスにBDドライブを搭載

 ラインアップは、トランスモジュレーション方式の受信変調方式「QAM」に対応しケーブルモデムを搭載する「TZ-BDW900M」、「QAM」とパススルー方式の変調方式「OFDM」両対応でケーブルモデムを搭載する「TZ-BDW900F」、「QAM」「OFDM」両対応でモデムは非搭載、LAN端子を搭載する「TZ-BDW900P」の3機種。各ケーブル事業者がそれぞれのサービス状況に合ったモデルを選択する。

 容量500GBのHDDに加え、新たにBDドライブを搭載したのが特徴。動画圧縮技術「MPEG-4 AVC/H.264」に対応するHMモードで録画した場合、HDDなら約360時間、50GBの片面2層BDなら約35時間フルハイビジョン(フルHD)で記録できる。

TZ-BDW900F

 HDDに録画したCATVや地上デジタル放送などの番組をSDカードに保存すれば、対応する携帯電話や同社のワンセグテレビ「ビエラ・ワンセグ」で外出先でも番組が楽しめる「番組持ち出し」機能を搭載。このほか、ブロードバンド回線を接続すればテレビで動画共有サイト「YouTube」の動画も視聴できる。「TZ-BDW900P」のみ、映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル/ダウンロード」にも対応する。

 操作性を高めるため、録画した番組を「お父さん」「お母さん」などラベルで管理できる「らくらくマイラベル」、ダビングの手順や録画モードの設定などを画面上でわかりやすく案内する「かんたんダビング」などの機能も備えた。また、ホームネットワークの規格「DLNA」に対応し、同規格に対応するテレビやPCとつなげば、セットトップボックスの内蔵HDDに録り貯めた番組を別の部屋でも見ることが可能。

パナソニック システムソリューションズ ジャパンの釋浩光執行役員

 新製品の狙いについて、パナソニック システムソリューションズ ジャパンの釋浩光執行役員は「2011年に地上デジタル放送にシフトした後を見据えた、豊富なサービスに対応した」と語った。一方、パナソニックの有賀健・AVCネットワークス社 映像・ディスプレイデバイス事業グループ CATVビジネスユニット 企画グループ グループマネージャーは「インターネット上の動画やVOD(ビデオ・オン・デマンド)、モバイル機器、ホームネットワークと連携した新しい使い方を提案していく」とこれからのセットトップボックスの方向性を示した。今後、3モデル合わせて1年間で10万台の販売を見込む。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');