ビックカメラとベスト電器は8月28日、光学7倍ズームを搭載したオリンパスイメージング製のコンパクトデジタルカメラ「μ(ミュー)-7010」を、両社の共同オリジナル商品として9月3日に発売すると発表した。価格は3万7800円。

μ-7010

 有効1200万画素の1/2.33型CCDを搭載し、35mmフィルムカメラ換算で28-196mmの光学7倍ズームを備えたコンパクトデジタルカメラ。デジタル一眼レフのアルゴリズムを採用したCCDシフト式手ブレ補正機能と、高感度撮影機能を併用することで、7倍ズーム時でも手ブレを軽減できる。また、2.7型TFT液晶や、撮影画像に魚眼レンズで撮影したかのような効果を施せる機能「マジックフィルター」も搭載する。

 内蔵メモリは36MB、外部メモリはmicroSD/SDHCカードのほか、xD-ピクチャーカードに対応する。最大640×480ピクセルの動画撮影も可能。本体サイズは幅97.5×奥行き18.2-26.2×高さ55.7mm、重さ125g。カラーはシルバーとピンクの2色。

パッケージとプレゼントのグッズ

 発売に伴い、アメリカンテイストを取り入れた若者向けファッションブランドを展開する「JOURNAL STANDARD」とコラボレートし、パッケージにオリジナルデザインを施した。また、購入特典としてカメラポーチ、ストラップ、台数限定のナンバー入りプレミアムカードをプレゼントする。

 なお、販売店舗はビックカメラ全店と同社直販サイト、ソフマップのカメラ取扱い店舗と同社直販サイト、ベスト電器各店、さくらや映像機器取扱い店舗のみ。