アイファイジャパンは8月26日、無線LAN内蔵型のSDカード「Eye-Fiカード」の画像アップロード先にウノウの写真・動画共有サイト「フォト蔵」を追加したと発表した。

Eye-Fiカード

 「Eye-Fiカード」は、内蔵する無線LAN機能を利用して、デジタルカメラで撮影した写真をあらかじめ登録しておいたPCやオンラインサービスに自動転送するSDカード。

ジオタグ連携のサービスイメージ

 今回アップロード先に追加した「フォト蔵」は、会員数22万人の日本最大級の写真・動画共有サイト。アップロード枚数は無制限で、画像はアルバム単位で閲覧範囲を設定できる。「Eye-Fiカード」とジオタグ機能での連携も可能で、ジオタグのライセンスを取得した「Eye-Fiカード」で撮影した画像の位置情報を「フォト蔵」内で確認できる。

 なお、今回の追加により、「Eye-Fiカード」の写真自動アップロード先は18サイトになる。