三洋、ミニHDMI端子とEye-Fi連携機能を備えたデジカメ「Xacti」新モデル

ニュース

2009/08/24 17:23

 三洋電機は8月24日、ムービーカメラ「Xacti」シリーズの新モデルとして、Eye-Fiカードとの連携機能を備えた「DMX-CG11」を9月11日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

DMX-CG11

 23万ドット表示の3型モニタと、撮像素子に1066万画素の1/2.33型CMOSセンサーを搭載。有効画素数は720pのハイビジョン動画撮影時が828万画素で、静止画撮影時が1000万画素。動画のフォーマットには「MPEG-4 AVC/H.264」を採用する。新製品では新たにミニHDMI端子を備え、別売りのケーブルを使用して、HD画質で録画した動画をハイビジョンテレビなどに直接表示できる。

 さらに、無線LAN機能搭載のSDカード「Eye-Fiカード」との連携機能を備え、撮影データをPCに自動転送して保存することができる。自動転送機能のオン/オフやアクセスポイントの設定は本体内で可能なほか、バッテリー残量に応じて転送機能を自動的にオフにするモードも備える。

 レンズは35mmフィルムカメラ換算で焦点距離40-200mmの光学5倍ズーム。動画/静止画に対応した電子式の手ブレ補正機能や、顔検出機能も備える。内蔵メモリは40MBで、外部メモリとしてSD/SDHCカードに対応する。本体サイズは幅72×奥行き38×高さ112.8mmで、バッテリーなどを含めた重さは190g。カラーはホワイト、オレンジ、グリーンの3色を用意する。

オススメの記事