日本ビクターは8月24日、パワフルな重低音とクリアなサウンドが楽しめるアウトドア用密閉型のステレオヘッドホンとして、自動巻取り機構を採用した「HP-S560」と、0.7mの延長コードを同梱した「HP-S360」を9月上旬から順次発売すると発表した。価格はオープン。

HP-S560

 ともに、ドライバーユニットの前面と背面にプロテクターを配置することで剛性を高め、再生音に歪みをもたらす不要な共振を抑える新開発の「デュアルプロテクト構造」と、口径30mmの「高磁力ネオジウムドライバーユニット」の採用により、パワフルな重低音とクリアなサウンドを再生する。

HP-S360

 本体は携帯・収納に便利な折りたたみ式。横回転スイーベル機構や反転ハウジングの採用で、片耳だけにヘッドホンを当ててサウンドを聞くこともできる。

 「HP-S560」は、0-1.2mでコードを好みの長さに調整でき、本体ハウジング内に巻取り可能。再生周波数帯域は10-2万5000Hz。重さは130g。カラーはブラックとホワイト。実勢価格は4000円前後の見込み。10月上旬に発売する。

 「HP-S360」は、通常の0.8mコードに加え、バッグに入れて使用する際に便利な0.7mの延長コードを付属する。再生周波数帯域は10-2万4000Hz。重さは120g。カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色。実勢価格は3000円前後の見込み。9月上旬に発売する。