キヤノンは8月20日、コンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITAL」の新製品として、同社として初めて広角24mmからの光学5倍ズームレンズとタッチパネル式のモニタを採用した「IXY DIGITAL 930 IS」など2機種を8月27日から順次発売すると発表した。価格はともにオープン。

 上位モデルの「IXY DIGITAL 930 IS」は、08年9月発売の「IXY DIGITAL 920 IS」の後継機種。同社として初めて、35mmフィルムカメラ換算で広角24-120mm相当の光学5倍ズームレンズと、撮影や再生の操作が直感的に行えるタッチパネル式の3.0型モニタを搭載した。

IXY DIGITAL 930 IS

 タッチパネル上で被写体を選択するだけで、シャッターを切るまでピントを合わせ続ける「タッチフォーカス」により、動いている被写体でもシャッターチャンスを逃さず撮影できる。また、CCDの画素数も従来の有効1000万画素から有効1210万画素に高画素化した。

キヤノン初、タッチパネルを採用

 本体サイズは幅99.9×高さ53.4×奥行き22.9mm、重さ約130g。カラーはパープル、シルバー、ブラウン、ブルーの4色。アルミ素材の優しい質感を生かしたアルマイト処理により、上品な印象に仕上げた。発売日は9月上旬。実勢価格は4万円前後の見込み。

 「IXY DIGITAL 220 IS」は、09年2月発売の「IXY DIGITAL 210 IS」の上位機種で、薄さ20.0mmのスリムなボディが特徴。35mmフィルムカメラ換算で広角28-112mm相当の光学4倍ズームレンズと有効1210万画素のCCDを搭載する。また、モニタを従来の2.5型から2.7型に大型化した。

IXY DIGITAL 220 IS

 本体サイズは幅89.5×高さ54.9×奥行き20.0mm、重さ約120g。カラーはブラウン、シルバー、ブラック、ブルーの4色。発売日は8月27日。実勢価格は3万円前後の見込み。

 ともに、撮影シーンを自動的に判別して最適な画像処理を行う「こだわりオート」機能を搭載。「サーボAF/AE」を新たに組み込むことにより、シャッターボタンを半押ししている間も人物の動きに応じてピントや露出を合わせ続けられるようになった。また、人物の動きの情報が新たに追加されることで、撮影シーンを従来の18シーンから22シーンへと、さらにきめ細かく判別・分類し、より最適な撮影設定や画像処理を自動的に行う。

 記録メディアはSD/SDHCカード、マルチメディアカード、MMCplusカード、HC MMCplusカードに対応する。電源はリチウムイオン充電池。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111366');