富士フイルムは8月20日、光学14.3倍のズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix S200EXR」を9月5日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

FinePix S200EXR

 撮像素子に有効1200万画素の「スーパーCCD ハニカムEXR」を搭載し、1つのCCDで「高感度・低ノイズ優先」「ダイナミックレンジ優先」「高解像度優先」の3種類の撮像方式に対応する。撮像方式の切り替えは、撮影シーンに応じてカメラ本体が自動で行う「EXR AUTO」モードと、ユーザーが自分で設定できる「EXR 優先モード」の2種類から選択できる。

 レンズには35mmフィルム換算で30.5-436mm相当のフジノン光学式14.3倍ズームレンズを搭載し、開放F値は2.8-5.3。シャッタースピード約3段分に相当するレンズシフト式の手ブレ補正機能を備える。また、最短約1cmまでのスーパーマクロ撮影にも対応する。

 そのほか、ピント位置を変えて撮影した画像を合成し、一眼レフカメラのように背景をぼかした画像を作成できる「ぼかしコントロール」や、マクロ撮影時に背景の黒つぶれや被写体の白とびを防ぎ、自然な明るさが得られる「スーパーi フラッシュ」などの機能を備える。

 液晶モニタは23万ドットの2.7型カラー液晶。内蔵メモリは47MBで、外部メモリとしてSD/SDHCカードに対応する。本体サイズは幅134.4×高さ93.6×奥行き145mmで、バッテリーなどを含めた重さは870g。