ソフトバンクBBは8月14日、携帯電話の周辺機器ブランド「SoftBank SELECTION」から、戦国時代をモチーフにした漆塗りのiPhone用ケース「JAPAN TEXTURE Special Editions for iPhone 3GS/3G」5モデルの販売申し込み受付を、同ブランドの直販サイトにて開始した。価格は9万9800円。

 戦国時代を代表する武将の織田信長、伊達政宗、上杉謙信、直江兼続、真田幸村をモチーフにした、5種類のiPhone用ケースと収納袋。ケース本体には、京漆器の老舗「象彦」による「色固め」や「高上げ蒔絵」「総研出蒔絵」などの技術を用い、赤または黒をベースに各武将の信条や愛用品を施した。

「織田信長」と「伊達政宗」

 「織田信長」は、信長が使用したと伝えられている「南蛮鎧」の胸に表現されていた梵字のほか、同氏のポリシー「天下布武」の印を施した。「伊達政宗」は、政宗の兜の三日月の前立てや、下部には花押などを再現。また、袋は素材にシルクシャンタンを用い、陣羽織の紫地に水玉模様を描いた。

「上杉謙信」「直江兼続」「真田幸村」

 「上杉謙信」は、謙信が信仰していた軍神「毘沙門天」や、下部には合戦の突撃の合図に使用されたという「懸り乱れ龍」の文字を採用する。紺色のベルベットの袋には5回におよぶ川中島の合戦に見立てた金リボンをサイドに配置。「直江兼続」は、「愛」の文字や月に向かって飛ぶ雁のモチーフを採用し、波の絵を施した。「真田幸村」は、幸村が率いた真田兵の象徴である「赤揃え」を朱漆のベースで表現。上部には旗印である「六文銭」の文字を、下部には牡丹を配置する。

 また、パッケージには各武将ゆかりの織物や紐のほか、5人の武将に関する歴史的事情をまとめた解説本も同梱する。

 「JAPAN TEXTURE(ジャパン テクスチャー)」は、染色や漆技法の老舗とのコラボレーションで、携帯電話アクセサリなどに「和」をイメージしたデザインを再現するシリーズ。今回のiPhone用ケースはその第3弾。