レノボ・ジャパンは8月7日、15.6型ノートPC「Lenovo G550」を8月12日に発売すると発表した。価格はオープン。

Lenovo G550

 解像度1366×768ピクセルの15.6型ワイド液晶を搭載するほか、Conexant独自のアルゴリズムを採用した3Dオーディオ機能「ファントム・スピーカー」を備え、AV視聴機能を重視した。また、セキュリティの面では、システムの復元やデータの回復を実行できる「OneKey Rescue System」や、カメラを使用した顔認識機能「VeriFace」を搭載する。

 ラインアップは3種類。CPUにインテル製のCeleron 900(2.2GHz)、4GBのメモリ、160GBのHDD、OSにWindows Vista Home Basicを搭載した下位モデル「295826J」は、実勢価格が4万9800円前後の見込み。

 CPUにCeleron T3000(1.8GHz)、3GBのメモリ、250GBのHDD、OSにWindows Vista Home Premiumを備えた中位モデル「295827J」は、実勢価格が5万9800円前後の見込み。

 また、CPUにCore 2 Duo P8700(2.53GHz)、3GBのメモリ、250GBのHDD、HDMIポート、OSにWindows Vista Businessを搭載した上位モデル「295828J」は、実勢価格が8万4800円前後の見込み。

 3モデル共通の仕様として、30万画素の内蔵カメラやDVDスーパーマルチドライブなどを備える。本体サイズは幅45.5×奥行き13×高さ33cm、重さ4.35kg。カラーはブラックのみ。