パナソニックは8月5日、地上・BS・110度CSデジタル放送に対応する薄型テレビ「新・ビエラ」Vシリーズで、プラズマモデルの新製品として、65V型の「TH-P65V1」と58V型の「TH-P58V1」を9月15日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は「TH-P65V1」が70万円前後、「TH-P58V1」が55万円前後の見込み。

「TH-P65V1」と「TH-P58V1」

 ともに、解像度は1920×1080でフルハイビジョン表示に対応する。「ネオ・プラズマパネル」を搭載し、1コマの表示時間を短くすることで、動きの早い映像でも素材の持つディテールを質感豊かに描写する。また、プラズマテレビとして世界最高のコントラスト比40000:1を実現し、微妙な明るさや色の違いも表現する。

 BDなどでは色域圧縮されてしまう映画オリジナルの豊かな色をリマスターする「ハリウッドカラーリマスター」機能を搭載。映画本来の豊かな色合いで、深みのある映像を楽しめる。また、この機能はテレビ放送にも有効で、映画撮影されたかのような豊かな色に変換できる。

 省エネ性にも優れ、従来製品に比べて年間消費電力量を約35%削減した。また、「ビエラリンク」を進化させた自動節電機能を搭載。テレビの視聴状態に応じて、使用していない接続機器の電源を自動でオフする「こまめにオフ」機能や、テレビを使用していない時に、接続する同社のBD/DVDレコーダー「ディーガ」の待機電力モードを自動で最小に切り換える「ECOスタンバイ」機能を備える。そのほか、ネット接続にも対応し、映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」やYouTubeなども視聴可能。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');