LGエレクトロニクス・ジャパンは8月4日、NTTドコモ向けの携帯電話端末「L-04A」「L-06A」のCM発表会を開催。会場にはCMに出演する女優の蒼井優さんが登場し、撮影時のエピソードや製品の感想を語った。


 「L-04A」「L-06A」はいずれもタッチパネルを搭載し、直感的な操作が可能な端末。「L-04A」は女性を意識し、待ち受けにアニマルキャラクターが登場する「touch & kawaii」がテーマの端末。一方「L-06A」は、検索やGmailといったGoogleの各種サービスとの親和性が高いモデル。

(左から)「L-04A」と「L-06A」

 両機種とも東京にある同社のデザイン研究所で日本のユーザーを意識してデザイン。日本における同社の認知度向上を図った「LGジャパンモデル」としている。

 冒頭、首籐晃・モバイルコミュニケーション営業部長は、同社の08年度の携帯電話出荷台数が全世界で1億700万台を記録したと発表。世界的不況下の09年度も1-6月で5300万台を出荷しており、去年並みもしくはそれを上回る勢いだということから、同氏はLGが「グローバルTop3の携帯メーカー」であるとの自負を見せた。

首籐晃・モバイルコミュニケーション営業部長

 その上で、「LGジャパンモデル」について「LGが日本で信頼させれるブランドとして認知されることを目指している。今回のCMでは、日本の携帯市場におけるLGブランドの強烈な存在主張で、ブランドの覚醒と技術力をアピールしたい。LGが日本で本気でビジネスを行う姿勢を感じてほしい」と意気込みを示した。

 新CMは、意図的に訴求内容の一部を伏せることで視聴者の関心を喚起するティザー方式を採用。LGの「L」や「G」をかたどったフレーム内で、女優の蒼井優さんや俳優の温水洋一さん、劇画キャラクターのゴルゴ13が製品をアピールする。CMは全部で8パターンを用意し、ゴルゴ13バージョンでは蒼井さんがゴルゴ13のアフレコにも挑戦している。なお、CMは新製品の発売に伴い8月中旬より全国で放映する。

 発表会にゲストとして登場した蒼井さんは、多少はにかみながらCM撮影中のエピソードを披露。初挑戦だったというCM中でのフランス語の会話シーンについて「(フランス語を)全然覚えられなくて大変だったんですけど、一緒に出演したサラさんにセットチェンジの間に教えてもらいました」と語った。

「L-04A」を手にする蒼井優さん

 また、「L-04A」について、「私、タッチパネルの携帯を持つのは初めてだったんですけど、すごく楽しくてずっと触っていました」と笑顔をみせた。また、自分にとっての携帯は「ないと困るもの」と語る蒼井さんは、端末を選ぶ際のポイントは「機能などあまり気にせずに、アクセサリ感覚で」と若い女性らしいこだわりも披露した。