ニコンイメージングジャパンは7月30日、HD動画の撮影・編集に対応したデジタル一眼レフカメラ「ニコン D300S」を8月28日に発売すると発表した。価格はオープンで、ボディのみの実勢価格は22万円前後の見込み。

ニコン D300S

 「D300S」は、07年11月に発売した「D300」の上位機種。同社では「D300S」をAPS-Cサイズの撮像素子を備えるニコンDXフォーマット採用機種として、「D300」にかわる新たな最上位機種としている。

 撮像素子は有効1230万画素のAPS-Cサイズ(23.6×15.8mm)のCMOSセンサー。そのほか51の測距点を採用したAFシステムや、92万ドット表示・3型の液晶モニタ、視野率約100%・倍率約0.94倍のファインダー、ISO感度200-3200、センサークリーニング、ピクチャーコントロールシステムなどの機能を「D300」からそのまま引き継いでいる。

 「D300」からの変更点としては、コントラスト補正機能「アクティブD-ライティング」の設定段階を5段階へ増加したほか、シーン認識システムに顔認識を採用し、顔の拡大再生にも対応。また、ライブビューボタンを追加し、撮影中に電子水準器を表示することもできる。モーターの回転数を落とし、通常撮影に比べてミラーダウンの動作音を抑えた「静音撮影モード」も追加した。

 また、動画撮影機能「Dムービー」を搭載。最大解像度1280×720ピクセル・毎秒24コマでのAVI形式の動画撮影が可能で、新製品では新たに外部ステレオマイクに対応するほか、録画した動画の始点と終点の設定ができる動画編集機能も追加した。また三脚撮影モード時ではコントラストAFにも対応している。

 記録メディアはCFとSD/SDHCカードに対応し、それぞれの同時セットが可能な「ダブルスロット」を採用。動画撮影の際、空き容量が十分なカードスロットを選択できるほか、メインのスロットから順に記録する「順次記録」、同じ画像を両方のスロットに同時に記録する「バックアップ記録」、RAW画像とJPEG画像をそれぞれのスロットに分けて記録する「RAW+JPEG分割記録」など、使用状況に応じた使い分けができる。

 画像の記録形式はRAW/TIFF(RGB)/JPEG/RAW+JPEGの4種類。外観カバー、ボディー、ミラーボックスなどにマグネシウム合金を採用したほか、接合部などにはシーリングを施し、防塵・防滴性を確保した。ボディのみのサイズは幅147×高さ114×奥行き74mmで、重さ840g。

 同時に発売するレンズキットは2種類。実勢価格は「AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6 G ED VR」が付属するタイプが30万円前後、「AF-S DX Zoom-Nikkor 18-200mm F3.5-5.6 G ED VR II」が付属するタイプが31万円前後の見込み。