富士フイルム(古森重隆社長)は7月22日、光学10倍ズームレンズを搭載する「FinePix F70EXR」など、コンパクトデジタルカメラ3モデルを8月8日から順次発売すると発表した。すべて価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、上位モデルの「FinePix F70EXR」が4万円前後、普及機の「FinePix J30」「A220」が1万7000円前後の見込み。

光学10倍ズームレンズを搭載する「FinePix F70EXR」



 有効1000万画素の「FinePix F70EXR」は、「高感度・低ノイズ優先」「ダイナミックレンジ優先」「高解像度優先」の3種類の撮像方式を1つのCCDで実現した「スーパーCCD ハニカムEXR」を搭載する上位モデル。「被写体までの距離」「被写体と背景の明るさ」など、カメラ本体がシーンに合わせて3つの撮像方式を自動的に切り替える機能「EXR AUTO」を搭載し、手軽に高画質な撮影が楽しめる。

 

FinePix F70EXR

 このほか、一眼レフカメラのようなボケ味を楽しめる機能「ぼかしコントロール」や、マクロ撮影時も自然な明るさが得られる「スーパーi フラッシュ」も備える。

 35mmフィルムカメラ換算で27-270mm相当の光学10倍ズームレンズを装備。約47MBの内蔵メモリのほか、外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。モニタは2.7型液晶。本体サイズは幅99.3×高さ58.9×奥行き22.7mm、重さは約180g。電源は充電式バッテリー。カラーはシルバーとガンメタル。発売日は8月8日。

顔がキレイに撮れるなど便利機能が豊富な「FinePix J30」



 「FinePix J30」は、被写体にカメラを向けるだけで撮影シーンを「人物」「風景」「夜景」「マクロ」「逆光&人物」「夜景&人物」の計6種類から自動で判断し、最適な設定で撮影できる機能「シーンぴったりナビ」を搭載。

FinePix J30

 さらに、最大6人まで一度に顔検出が可能な「顔キレイナビ」、3枚までの画像を自動的につなぎ合わせて1枚のパノラマ写真が作成できる「パノラマモード」など、さまざまな便利機能を備えるのが特徴。

 有効1220万画素の1/2.3型CCD、35mmフィルムカメラ換算で32-96mm相当の光学3倍ズームレンズを搭載する。内蔵メモリは約10MBで、外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。モニタは2.7型液晶。本体サイズは幅92.0×高さ55.9×奥行き20.0mm、重さは約113g。電源は充電式バッテリー。カラーはシルバーとブラック。発売日は8月22日。

単3形乾電池対応で薄型ボディの初級機「A220」



 「A220」は、電源に単3形乾電池2本を採用したエントリーモデル。外出先にバッテリーの充電器を携帯する必要がなく、急に電池が切れた時でもすぐに入手しやすい。本体のサイズが幅93.0×高さ60.0×奥行き21.9mmと薄くてコンパクト。「FinePix J30」と同様、「シーンぴったりナビ」や「顔キレイナビ」「パノラマモード」などの機能を搭載する。

A220

 有効1220万画素の1/2.3型CCD、35mmフィルムカメラ換算で32-96mm相当の光学3倍ズームレンズを搭載する。約10MBの内蔵メモリのほか、外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。モニタは2.7型液晶。重さは約120g。カラーはシルバーのみ。発売日は8月22日。