キヤノンは7月16日、デジタルビデオカメラの新製品として、手ブレ補正機能を強化した「iVIS HF S11」「iVIS HF21」2機種を8月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は「iVIS HF S11」が15万円前後、「iVIS HF21」が13万円前後の見込み。

 「iVIS HF S11」と「iVIS HF21」は、09年1月に発表した「iVIS HF S10」「iVIS HF20」の後継機種。従来機に比べて、手ブレ補正機能を強化し、歩行時の撮影などで生じる手ブレを抑制する「ダイナミックモード」を採用したのが特徴。また、内蔵メモリを64GBに増加し、LPモードで最長約24時間30分の録画が可能になったほか、外部メモリとしてSD/SDHCカードが利用できる。録画形式はAVCHD規格最高レートの24Mbpsに対応する。

 「iVIS HF S11」は、iVISシリーズの最上位機種。フルハイビジョン動画を可能にする総画素数859万画素の「キヤノン フルHC CMOS」を備えたほか、光学式手ブレ補正機能付き光学10倍ズーム「キヤノン HDビデオレンズ」や、高速化と高画質化を図った映像エンジン「DIGIC DV III」を搭載する。本体サイズは幅70×奥行き136×高さ69mm、重さ約450g。

 「iVIS HF21」は、高画質で小型化と軽量化を図ったコンパクトモデル。総画素数389万画素の「キヤノン フルHC CMOS」や15倍ズームの「キヤノン HDビデオレンズ」を搭載したことにに加え、顔認識技術「フェイスキャッチテクノロジー」を応用して横顔や下を向いた人物の顔も正確に検出できる。本体サイズは幅70×奥行き124×高さ62mm、重さ約340g。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111366');