三洋電機は7月15日、同社の充電池「eneloop(エネループ)」と石ノ森章太郎氏の人気マンガ「サイボーグ009」とのコラボレーションを19日から展開すると発表した。


 石森プロでは、今年2009年を「サイボーグ009イヤー」と位置づけ、イベントなどを通じて「サイボーグ009」に込めたメッセージの発信を行っている。今回、三洋電機の充電池「eneloop」の環境に配慮した特徴が、地球環境の大切さを訴える趣旨と合致することから、コラボレーション展開にいたった。

 具体的には、「サイボーグ009」の雑誌連載開始日にあたる7月19日の「サイボーグ009の日」から、同マンガの主人公「島村ジョー」が三洋電機が運営する社会貢献型コミュニティサイト「さあ、eneloopの輪に入ろう。」の会員としてブログで環境関連のメッセージを発信する。そのほか「eneloop」のマスコットキャラクター「eneloopy(エネルーピー)」のWEBサイトやイベントなどを活用して、地球環境の大切さを訴える活動を行う。