ソニーは7月7日、10.1型ワイド液晶を搭載した同社初のネットブック「VAIO Wシリーズ」を8月8日から順次発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

Wシリーズ

 低価格なモバイルノートPC「ネットブック」で一般的に採用されている解像度(1024×600ドット)より1画面に多くの情報を表示できる、1366×768ドット、アスペクト比16:9の10.1型ワイド液晶を搭載。また、360度どの角度から見ても美しい丸みを帯びたボディを採用し、タッチパッドをプリインストールする壁紙と同じデザインにするなど、細部にもこだわった。

 カラーはパールの輝きをもつホワイト、甘酸っぱいベリーのようなピンクの2色。さらに、VAIOオーナーメードモデル、法人向けカスタマイズモデルの限定カラーとして、高級チョコレートをイメージしたブラウンを用意する。本体カラー3色それぞれにマッチするキャリングポーチ、USB接続の光学式マウスも別売りで販売する。

 主な仕様は、CPUがAtom N280(1.66GHz)で、1GBのメモリ、160GBのHDDを搭載する。OSはWindows XP Home Edition。本体サイズは、幅267.8mm×高さ27.5mm(最厚部32.4mm)×奥行179.6mm。バッテリー駆動時間は、付属バッテリーパックの場合で約3.5時間。

→「VAIO Wシリーズ」発表会のレポート
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');